Misty Diary

気になるニュースや健康・美容情報をお届け!

*

ルーローの三角形をPanasonicお掃除ロボットに応用

   

三角形のお掃除ロボット

お掃除ロボットといえば、円盤型をしたルンバがまず思い浮かびます。

でも今はいろんなメーカーから、いろんなお掃除ロボットが発売されているんですよね。

私が注目しているのはPanasonicのルーロ。

この掃除機はなんと、三角形なんですね。

なぜ三角形かというと、部屋の隅っこまできちんとキレイにするためとのこと。

確かに丸い形の掃除機よりも、三角形の方が、角の集まったほこりやゴミもキレイにしてくれそうです。

さすがPanasonicですね。

しかもただの三角形ではなく、「ルーローの三角形」という有名な形をモチーフにしているとか。

これはドイツ人のルーローという人が考案した図形で、丸みをおびた三角形とでも言えば良いのでしょうか。

難しい理論は分かりませんが、小回りがきいて隅っこまで掃除しやすいことから、掃除機の形として取り入れたそうです。

とりあえず下記の動画を見ていただくと、ルーロの動きがよく分かると思います。
  ↓ ↓ ↓

お掃除ロボットは各家庭に必要?

私は近い将来、絶対にお掃除ロボットを購入したいと考えています。

というのも家事の中で掃除が一番苦手だからです。

苦手だけれど、誰かがやらないと部屋がキレイにならないので仕方なくしていますが、できることなら機械にまかせてしまいたいという気持ちです。

実際に購入した人の声を聞くと、ちょっとした障害物に当たって動かなくなることがあるとか、ネガティブな意見もあるようです。

でもお掃除ロボットが自由に動き回れるように部屋を片付けておけばいいんですよね。

ある程度床の上の物を片付けたら、外出する時にお掃除ロボットを動かして出掛ければ、帰宅する頃には床がきれいになっている・・・

そんな暮らしに憧れています。

ちなみにお掃除ロボットを職場で使っている所もあるようですね。

これからはどんどんお掃除ロボットが普及して、掃除に関わる人件費も削られていきそうな気がします。

 - 生活 ,