Misty Diary

気になるニュースや健康・美容情報をお届け!

*

映画「進撃の巨人」はグロい?子供が見ても大丈夫なのか?

   

最近公開された映画「進撃の巨人」。

キャストがどうとか演出がどうとか、公開前にいろいろと噂になっていました。

私はもともとあまり興味がなかったのですが、子供がこの映画を見たいと言ったのでちょっとうろたえてしまいました。

「進撃の巨人」の詳しいストーリーは知りませんが、巨人が人間を襲ったり、食べたりするというおぞましいシーンがあるんですよね。

それを実写化したわけですから、当然ながらある程度はグロい仕上がりになっているのでしょう。

スポンサーリンク

映画館でこの映画の予告を見たことはありますが、あまり自分でも見たくないし、子供にも見せたいとは思えませんでした。

どの程度グロいのか気になってネット上で検索してみると、次のような声がありました。

・進撃の巨人見ましたが、グロすぎです
・巨人が人間を食べるシーンがたくさんありました
・グロすぎて、見終わったあと放心状態でした
・グロくて吐きそうになってしまった

こういった口コミや感想を見ると、ちょっと子供には見せたくないですね。

映画自体はPG12といって、12歳未満(小学生)の子供は親の指導が必要とのこと。
(PG=Parental Guidance)

親がOKすれば見てもいいよ、という指定になっています。

でも映画の内容を細かくチェックしていない親だったら、「見に行っていい?」「いいよー」で済ませてしまうかもしれません。

そう考えるとPG12ってなんか恐ろしいですね。

うちの子には見せないでおくことにします。



  【スポンサーリンク】


 - 映画