Misty Diary

気になるニュースや健康・美容情報をお届け!

*

朝ドラまれ、徹と藍子の離婚にショック

      2015/07/10

朝ドラ「まれ」ですが、いろんな出来事が同時進行で起こり、目が離せなくなっています。

見ていて感動の涙が止まらなくなることもありますし、「なんでそういう展開に?」と疑問を持つ部分もありますね。

まれの両親、徹(大泉洋)と藍子(常盤貴子)が離婚してしまったのはあまりに衝撃的でした。

これまでいろんな荒波を乗り越えてきて、とっても良い夫婦になったと思ったのに。

徹と藍子が離婚をした原因ですが、離婚を切り出したのは藍子の方。

徹にとことん夢を追いかけてほしいけれど、自分は能登が好きだからここに残りたいとのことでした。

でも本当に離婚届を書いて印鑑まで押してしまうとは・・・

この時、ドラマではいろいろな人物が覚悟を決める場面が描かれます。

まれの弟一徹と友人みのりは絶対に結婚するという決意を固めたし、東京への憧れを持ちながらなかなか能登を離れられなかった一子も大阪へ行くという覚悟を決めます。

まれも、フランス菓子店への弟子入りを却下されながらもパティシエの道をあきらめずに進むという覚悟を決めるのです。

そういった流れの中、藍子も覚悟を決めて徹を送り出したということなのでしょう。

でも、でも、離婚までしなくても。

rikontodoke

藍子が徹に愛想をつかしたわけではないのは明らかです。

そこまでして徹に夢を追ってほしいのでしょうかね。

一緒に能登で暮らしながら、いいおっさんと化してしまうのは我慢ができなかったのでしょうか。

いつも子供みたいにでっかい夢を追ってきた徹ですが、これまで成功したことはなかったんですよね。

藍子は一度徹を本気にさせて、逃げ道を断ったうえで成功という喜びを味わって欲しかったのでしょう。

配偶者というより、もう親のような心境ですよね。

でも徹は藍子のことが大好きで、離れたくないのです。

なんだか徹の「別れたくない」という気持ちに共感してしまって、泣けて泣けて仕方がありませんでした。

徹は東京でビジネスをして、それが成功したらまた藍子にプロポーズすると言っていましたから、ドラマの終盤でその通りになるのだとは思いますが。

 - 朝ドラ ,