Misty Diary

気になるニュースや健康・美容情報をお届け!

*

ビリギャルに思う

   

ビリギャルstory

有村架純ちゃんが主演を務めるということで話題となっている映画「ビリギャル」。

知らない人はビリギャルって何?と思われるかもしれませんが、成績が学校でビリのギャルのことです。

その成績が悪いギャルが高校2年生の時ある塾の先生と出会ったことで奮起し、ついに慶応大学に合格するまでのサクセスストーリー。

最初の偏差値は30くらいで、本を読まないしニュースも見ないので常識もナシ。
よくその状態で慶応大学に合格できたものです。

私は書店でビリギャルの本を見かけ、パラパラ立ち読みしたところとても面白そうだったので購入して帰りました。

スポンサーリンク

ビリギャルことさやかちゃんが苦しみながらも勉強を頑張って、どんどん成績が上がっていく様子をワクワクしながら読み進めました。

成績が最悪だったギャルが慶応大学に合格するのは私が思った以上に大変だったようで、
かなりいろいろなものを犠牲にしていたことが分かります。

ギャル友達との付き合いとか、おしゃれとか、睡眠時間とか。

目標を慶応合格に絞って、ほかのことはできる限り排除したからこそ
短期間の間に実力がついたのでしょう。

不可能を可能にした彼女は、これから先の人生も自分の思う通りに生きていけるのではないでしょうか。

さて、ビリギャルは無事に大学合格を果たしましたが、わが子はどうしましょうか。

正直なところ、今の時代は大学を出ても就職が難しい時代。
勉強一本で頑張るよりも、人間的な魅力を身に付けた方がいいのかな、なんて思っていました。

勉強ってやれば成果が出ますし、睡眠時間を削って勉強し難関大学に合格するのは素晴らしいことでしょう。
目標に向かって努力するという経験は貴重ですから。

でも勉強しかしない青春時代を過ごしてしまうのもまた問題なのかな、と思ったりします。

ビリギャルのさやかちゃんは友達も多いし、人間的な魅力にあふれている感じなので、ある意味バランスが取れているのかもしれません。

いい大学に入って、それからどうなるの?

ビリギャルの本はとても面白く、あとがきにその後主人公のさやかちゃんがどうなったかも書いてあります。

でもさらにその後どうなったか知りたくなって、ネットで調べてみました。

すると本人の本名も明らかにされていますし、画像も出ているので驚きました。
テレビ出演の経験もあるようですね。

慶応義塾大学を無事卒業後、ウェディングプランナーになったそうです。
この辺のことは日経新聞のサイトに記載がありました。

高校時代のギャル仲間はほとんどキャバ嬢になったそうです。
もちろん職業に優劣をつけたりする考えはご本人にはまったくないそうですけどね。

そして、なんともう結婚しているんだそうです。
キャンパスの恋を実らせたのかな?と思ったら、そうでもないみたいでした。

学生時代にバイトしていた居酒屋の店長さんとゴールインしたそうです。

こうしたエピソードを見ると、なんとなくギャルの延長という気もして、勝手にほっとしました。

ご本人はもし慶応合格を目指さなかったとしたら、高卒のままアルバイトでもして、早めに結婚して出産しただろうな、と思ったそうです。
そして、それもまた幸せだろうと。
このひょうひょうとした感じがいいなと思いました。

大切なのは生きていて幸せだなと感じられること。
どんな人生を歩んだとしても、人に恵まれて、自分らしく生きることができたらそれでいいのかもしれません。

なんて言ってしまうと、努力して大学に行っても行かなくてもいいということになりますが・・・

とにかく映画は楽しみ♪

ビリギャルの本を読んで内容は分かった人は、わざわざ映画を見に行かなくてもいいかな?と思うかもしれません。

私もそう思っていたんですが、ビリギャルの予告を見て考えが変わりました。
他の映画の上映前に予告をやっていたんですが、有村架純ちゃんがギャルに扮していて、それがものすごくカワイイんです♪

これまでギャルをかわいいと思ったことがなかった私ですが、有村架純ちゃんのギャル姿はとても似合っていました。

彼女がビリギャルをどんな風に演じるかを見たいなと思ったので、映画が公開されたら映画館に足を運ぶことになると思います。



  【スポンサーリンク】


 - エンタメ